IBM i をはじめとした幅広いソリューションで
お客様のシステムの課題を解決します

製品・サービス

仮想化ソリューション

IBMi Open

仮想化ソリューション

サーバー仮想化は、次のステージへ

「サーバー仮想化」はすでに広く知れ渡り、現在では多くの企業で本番環境として稼働しています。
サーバー仮想化がもたらすメリットで最も大きいのは「コスト削減」ですが、サーバー仮想化は障害対策・災害対策のハードルを大幅に下げる効果もあります。また、サーバー仮想化はシステムの柔軟性が格段に向上しますので、クラウドへの移行ハードルも大幅に下がります。
仮想化により統合したシステムを障害・災害から守り、将来はクラウドへ。ベル・データは皆様のサーバー仮想化のネクストステージを強力に支援します。

ラインナップ

業界シェアNo.1!仮想化ソフトウェア界のパイオニア
VMwareで「サーバー統合」だけでなく一歩進んだ「課題解決」を。
これまでVMwareの仮想化技術=サーバー統合でコスト削減は広く知られるようになってきましたが、仮想化技術の魅力は、そこにとどまりません。システム管理者が抱えている様々な課題を解決することもできるのです。
集約・障害対策・容易なクローニングなどを実現できるVMwareは、本番環境・開発環境・テスト環境・ステージング環境のあらゆる場面で活躍します。
>>詳細はこちら
障害・災害対策機能を強化した、マイクロソフトの仮想化基盤
新バージョン「Hyper-v 3.0」は物理サーバ間で動的に仮想マシンを移動させるLive Migrationに加え、稼働させたまま仮想マシンをストレージ間で移動させるLive Storage Migrationを搭載しました。これにより、例えばストレージ障害時、仮想マシンの別ストレージへの動的退避が可能となります。
また、同じく新機能である「Hyper-Vレプリカ」により、2台のHyper-Vホスト間で仮想マシンをレプリケーションすることが可能となりました。この機能により、災害などでプライマリ側Hyper-Vが故障した際、もう1台のHyper-V側仮想マシンにサービスをフェールオーバーでき、業務を継続することが可能となります。
>>詳細はこちら(メーカーサイトへ)
無停止サーバーを仮想化で実現
ハードウェアに障害が発生しても停止することなく稼働する無停止サーバー(FTサーバー)は、クラスタ構成 によるフェールオーバーの時間すら許されないサービスで用いられております。このようにFTサーバーは、ハードウェア障害に対して非常に強固なソリューションですが、一方、非常にコストが高額となります。
これに対しソフトウェア「Stratus Avance」はFTと仮想環境を同時に提供しますので、安価にFTサーバーを仮想環境上に、しかも複数構築することが可能です。
>>詳細はこちら(メーカーサイトへ)
世界中のPower Systemsで幅広く活用されている、最先端の仮想化ソリューション
PowerVMは、IBM POWERプロセッサーを搭載するPower Systemsと、Power Systems上で稼働するOS(IBM i/AIX/Linux)に強力な仮想化環境を提供します。PowerVMは、10年以上にわたる進化とイノベーションを土台とする最先端の仮想化ソリューションであり、世界中のPower Systemsで導入され、幅広く活用されています。柔軟でダイナミックなインフラの構築により、お客様がコストを削減して、リスクを管理し、サービス・レベルの改善を可能となります。 PowerVMは、プロセッサー、メモリー、ストレージなどのシステム・リソースを共有プールに集約し、複数のOSに動的に再割当ています。多様で変動するリソース要件に対応し、使用率が低い複数のサーバーを効率的に統合します。また、OSを稼働したまま、物理サーバー間で移動することにより、サーバーのアップグレードやシステムのバランシングをサポートし、さらには保守目的の計画停止を回避することができます。
>>詳細はこちら(メーカーサイトへ)

▲ページの先頭へ

本サービスのお問い合わせはお近くの支店・営業所まで

【東京本社】03-5326-4331【名古屋支店】052-961-4331【大阪支店】06-6536-6641【九州支店】092-433-3511【熊本営業所】096-312-3301

フォームからのお問い合わせ

製品・サービス
取扱い機器
データセンターサービス
災害対策/バックアップ
運用サポート
セキュリティ
ネットワークサービス
仮想化
仮想化ソリューション
Web化/開発
業務/分析
仮想デスクトップ
Web会議/TV会議
グループウェア
レンタル
お問い合わせ

お問い合わせ(フォーム)

Page Top