IBM i をはじめとした幅広いソリューションで
お客様のシステムの課題を解決します

製品・サービス

開発者向け設計書作成支援ツール トリニティ

IBMi

開発者向け設計書作成支援ツール

設計資料の作成は開発を行う上で必要な作業です。しかしシステムが巨大になるにつれて設計書の整備が不十分となり、その作成や維持、管理などに多くの時間を費やすことになります。
「トリニティ」は開発済みのメンバーソースから設計書を自動作成するためのソフトウェアです。「トリニティ」を導入することで設計書の作成や管理、維持などに要する工数の大幅な削減が行えます。
また、管理資料や分析ツールもあるため、旧システムの移行などを検討しているがドキュメントの整備が不十分でお困りのお客様にも有効にご活用頂けます。

開発者向け設計書作成支援ツール トリニティ
  • 製品概要
  • 特長
  • 操作の流れ
  • 出力イメージ
  • 翻訳ドキュメント一覧
  • 動作環境

製品概要

「トリニティ」は日本IBM社の IBM i(AS/400)上で開発されたアプリケーションのメンバーソースからドキュメントの自動作成や管理資料の作成が行えるツールです。従来のプログラム単位のドキュメントツールとは異なり、 システム全体を総合的に捉えることで、全体の関連性を見ることができます。

ドキュメントの自動作成が行えます
システム全体を総合的に捉える為の管理資料を作成できますので、
メンテナンス時の調査・分析作業工数を削減できます
ドキュメントの標準化を行うことができます

<システム関連図>

システム関連図

▲ページの先頭へ

特長

  • IBM i のメンバーソースをPCに移して作業を行うため、操作性の良い環境でドキュメントの作成および修正を行うこと ができます。
  • IBM i にはないパソコン独自の表示、印刷機能を使用するため、表現力豊かなドキュメントを作成できます。
  • トリニティはPC上で動くソフトなのでIBM i に負荷がかかりません。
  • 必要に応じたドキュメントの作成が行えます。各プログラムに関連したドキュメントをまとめて自動生成することも可能です。
  • メンバーソースをまとめて転送できます。
  • 作成されたドキュメントはツリー構造で格納されます。
  • 作成されたドキュメントを画面に表示したり、まとめて印刷できます。
  • スケジューラにより、定期的な設計書の更新作業を自動化することが出来ます。
  • 作成された設計書は画面プレビューで閲覧できます。また、表示中の設計書をExcelファイルや画像ファイルなどにエクス ポートできます。

▲ページの先頭へ

操作の流れ

操作の流れ1

翻訳対象のメンバーをメンバーリストを元にIBM iからPCに転送します。トリニティではメンバーの転送をより簡単に行うために専用のファイル転送機能を用意しました。この機能を使うと大量のメンバーを転送する場合 でもユーザーが長時間、機械の前に拘束される心配はありません。ファイル転送は任意のメンバーを選択して転送できます。もちろん複数のメンバーを一括で転送することも可能です。さらに選択したメンバーを画面上で閲覧して内容を確認するこ とも可能です。オプション設定でメンバーリスト内の「ライブラリー名」や「メンバー名」の位置を再設定することができます。
これにより将来、メンバーリストの構造や値の順番が変化しても柔軟に対応することができます。

操作の流れ2

メンバーの転送が完了したら翻訳を行います。複数のファイルをまとめて翻訳することも可能です。翻訳前には専用 の辞書が作成されます。この辞書には転送されたCLやRPGソース、各種DDSから様々な情報を抽出したものが保管されます。
翻訳されたドキュメントにはこれらの辞書の内容が盛り込まれますので、単体のメンバーからドキュメントを作成する場合に比べて、より内容の濃いドキュメントを作成できます。さらにトリニティでは翻訳用に豊富なオプション 設定を用意しています。これにより転送したメンバーから、より多くの情報を使用者の意図に合わせて見易く翻訳させる ことが可能となっています。翻訳画面からソースの閲覧を行うこともできますので内容を確認しながら翻訳対象のメンバ ーを絞り込むことも可能です。

操作の流れ3

翻訳が完了したドキュメントはハードディスクにファイルとして保管されます。これらの作成されたドキュメントは 「グループ設計」と呼ばれる専用のプログラムで管理/運用されます。利用者はグループ設計を通して翻訳されたドキュ メントに一元的にアクセスします。グループ設計では設計書単位の閲覧/印刷をサポートしています。これによりRPGソース に関連するドキュメントを、まとめて閲覧/印刷することができます。もちろん作成されたドキュメントの編集も可能です。 見出しに名称を追加するなどの翻訳では反映されない内容についても直接編集を行うことで使用者の意図を反映したドキュメントに仕上げることができます。トリニティでは作成されたドキュメントの内容をCSVファイルに変換して出力 することも可能です。これにより、例えば翻訳された管理情報をエクセルなどの他のアプリケーションに読み込んでシステム分析を行う、というような使い方も可能になります。

▲ページの先頭へ

出力イメージ

出力イメージ

▲ページの先頭へ

翻訳ドキュメント一覧

管理資料

トリニティでは開発したシステムを総合的に捉える為の各種一覧表を出力することができます。 それぞれの一覧表は単なるインデックスの代わりとしてではなく、CLやRPGソースなどの固有の情報を加味する ことで、より内容豊かな情報を提供してくれます。また一覧表によってはソース間の関連性を記載しているもの も存在します。これらの豊富なドキュメント類はシステム管理の為だけではなく、のちの開発を行う上でも大き な助けとなります。

■ 作成できる設計書
CL一覧表、CLNET一覧表、プログラム一覧表、プログラムステップ一覧表、 プログラムNET一覧表、ファイル一覧表、
ファイルNET一覧表、画面一覧表、帳票一覧表

CLドキュメント

トリニティではCLソースから様々な設計書を作成することができます。CLソースの各種情報を 翻訳時に専用の辞書に蓄えます。これらの情報は関連性を必要とするドキュメントを作成する場合、例えば プログラム関連図やCLNET一覧などの作成に利用されます。辞書を活用することで単なる一覧表からは得られない、 多面的な情報を得ることができます。

■ 作成できる設計書
プログラム関連図、CLパラメータ定義書、CL処理フロー

RPGドキュメント

トリニティではRPGソースから様々な設計書を作成することができます。「プログラム仕様書 (入出力や概要をまとめたもの)」や「セグメント構成図」などの一般で広く使用されている設計書の作成は もちろんのこと、RPGソースを処理の種類や階層が見易いようにまとめた「処理フロー」やRPGソース内で使用 している外部プログラムの階層関係をまとめた 「プログラム関連図」など、翻訳プログラムならではの出力 を行うことも可能です。またトリニティではRPGソースの各種情報を翻訳時に専用の辞書に蓄えます。 これらの情報は関連性を必要とするドキュメントを作成する場合、例えばプログラム関連図やプログラムNET一覧などの作成に利用されます。辞書を活用することで単なる一覧表からは得られない、多面的な情報を得るこ とができます。

■ 作成できる設計書
プログラム関連図、プログラム仕様書、セグメント構成図、処理フロー、 パラメータ定義書、内部変数一覧表、プリントレイアウト

ファイルドキュメント

トリニティはファイルDDS(物理ファイル/論理ファイル)を翻訳することができます。 ファイルDDSの翻訳では論理ファイルの翻訳もサポートしています。これにより物理ファイルを元にした論理 ファイルの項目一覧などを作成することができます。また日本語名称などの記述がある場合はそれらの取り 込みも行います。これにより見易い設計書を作成することができます。

■ 作成できる設計書
ファイル項目一覧表、ファイルレイアウト

画面ドキュメント

トリニティは画面DDS(表示装置ファイル)を翻訳することができます。固定で表示される 情報以外にも、変数フィールドの属性や桁数から表示形式や編集要領等を解析し、より忠実なレイアウト 表示を行います。画面DDSは翻訳後にレコードの組み合わせを変更することも可能です。この機能を使用すると複数のレコードをひとつの画面レイアウトに表示した時にテキストが重なってしまう場合などに組 み合わせを変えることで、より見易いレイアウト出力を行うことができます。

■ 作成できる設計書
画面定義書、レコード様式一覧表

プリントドキュメント

トリニティは帳票DDS(印刷装置ファイル)を翻訳することができます。翻訳された結果は 一般で広く使用されているプリントレイアウトの形式で出力することが出来ます。固定で表示される情報 以外にも、変数フィールドの属性や桁数から表示形式や編集要領等を解析し、より忠実なレイアウト表示 を行います。トリニティには132カラムタイプと192カラムタイプの原紙が用意されています。 出力サイズに合った原紙を選択することで見やすい設計書の表示/印刷を行うことができます。

■ 作成できる設計書
プリントレイアウト、レコード様式一覧表

▲ページの先頭へ

動作環境

IBM i(AS/400)

■ オペレーティングシステム
OS400 V4R1M0以上
■ エミュレータ
パーソナルコミュニケーション
クライアントアクセス
■ 対象メンバーソース
CLソース RPGソース(ILE対応)COBOLソース
DDS(物理/論理/表示装置/印刷装置ファイル)
プロシージャー(S/36) ¥SFGR

※1 System/38用のメンバーソースについて公式には対応していません。
※2 ILEの/FREEには対応していません。
※3 ファイル転送にFTPを使用する場合や一部の機能にはi5のFTPサーバーが必要です。
   なおファイル転送にFTPを使用する場合、エミュレータは必要ありません。
※4 COBOLソースの翻訳はオプションになります。

PC環境

■ プロセッサ
Pentium 300MHz以上もしくは完全互換のプロセッサ
■ メモリー
256MB以上
クライアントアクセス
■ ハードディスク
600MB以上
■ オペレーティングシステム
Windows2000/XP

※1 プロセッサはPentium4 2GHz以上を推奨。
※2 メモリーは512MB以上を推奨。
※3 ハードディスクは回転数の高速なものを推奨。
   なおハードディスクの容量は翻訳を行うメンバーソースの数により変動します。
※4 ソフトウェアの導入にはCD-ROMもしくはCD-ROMを読み込める装置が必要です。
※5 ライセンスの導入にはFDドライブが必要です。なおFDドライブはUSB接続でも可。

▲ページの先頭へ

本サービスのお問い合わせはお近くの支店・営業所まで

【東京本社】03-5326-4331【名古屋支店】052-961-4331【大阪支店】06-6536-6641【九州支店】092-433-3511【熊本営業所】096-312-3301

フォームからのお問い合わせ

製品・サービス
取扱い機器
データセンターサービス
災害対策/バックアップ
運用サポート
セキュリティ
ネットワークサービス
仮想化
Web化/開発
開発 ソリューション
IBM i Web 化 ソリューション
アプリケーションサーバー
データ連携 ソリューション
業務/分析
仮想デスクトップ
Web会議/TV会議
グループウェア
レンタル
お問い合わせ

お問い合わせ(フォーム)

Page Top