IBM i をはじめとした幅広いソリューションで
お客様のシステムの課題を解決します

製品・サービス

IBM i(AS/400)簡単Web化ツール aXes (アクセス)

IBMi

IBM i(AS/400)簡単Web化ツール

IBM i(AS/400) を 30分で Web 化 !

アクセスは、「究極の Web 5250 エミュレータ」です。
ブラウザさえあれば、何処からでも IBM i に繋がります。Windowsはもちろん、Mac/iPhone/iPad/Android も IBM i に繋がります。IBM i の5250画面をそのまま表示することもできますし、既存5250アプリケーションの修正を行わずに、画面をカスタマイズする魔法を使うことも可能です。
5250アプリケーションが新しいWebインターフェイスを使って、生まれ変わります。

IBM i(AS/400)簡単Web化ツール aXes (アクセス)
  • 課題
  • ポイント・メリット
  • 製品概要
  • 機能・技術
  • 稼動環境
  • 価格

課題

グリーンスクリーンに対する
エンドユーザーの抵抗感

グリーンスクリーンが、
従業員の世代交代の障壁になっている

iPhone 等の新しいデバイスを使いたい

エミュレータ管理から解放されたい

▲ページの先頭へ

ポイント・メリット

IBM i のWeb化がたった30分で完了

インストールから30分で、すぐに利用でき、結果をすぐに出せます。

ブラウザさえあればいつでもIBM i が利用可能に

Internet Explorer 7~9 / Chrome / FireFox / Safari さえあれば、いつでも IBM i を利用できます。
iPhoneやiPad、Android 携帯等の新しいデバイスも使用でき、IBM i の利用範囲が広がります。

画面カスタマイズでさらに使いやすいWebアプリ画面に

画面カスタマイズ機能で、5250アプリケーションは Webアプリケーションに生まれ変わります。

従来の5250アプリも併用可能

従来のRPG等5250アプリケーションをそのままご利用いただけますので、徐々にWeb化を推進できます。

IBM i の中ですべて完結するため維持管理が容易

ソフトウェア・ハードウェアはすべて IBM i だけで完結するので、維持管理も容易です。

低コストでWeb化を実現

最大の特徴は、低コストで IBM i の Web化が達成できることです。

▲ページの先頭へ

製品概要

aXesは、5250エミュレータです。つまり、IBM i のユーザー・パスワードでログインすると、従来型エミュレータと同じ既存5250アプリケーションを、そのままご利用いただけます。ブラウザで従来型エミュレータと同等に IBM i の5250アプリケーションを使うことができます。その上、画面をWebライクにカスタマイズできることは、これまでの Web化ツールとは一線を画しています。

特長

  • 5250アプリケーションと併用できるため、少しずつWeb化を推進できます
  • 従来と同じ IBM i のジョブ管理
  • iPhoneなどの新しいデバイスを使用して IBM i の利用範囲が広がります
  • ライセンス及び、維持管理が低コスト

Web化のステップ

  1. インストール後、すぐに使えます。5250アプリケーションがそのままWebブラウザで動作します。
    5250アプリケーションがそのままWebブラウザで動作
  2. AUTO GUI 機能を使用する事で、自動的にGUI化が完了。マウス操作が可能になります。(ここまでたった30分)
    AUTO GUI 機能を使用する事で、自動的にGUI化が完了
  3. さらに画面カスタマイズ機能を使用すると、5250アプリケーションが見栄えの良いWebアプリケーションに生まれ変わります。
    画面カスタマイズ機能で見栄えの良いWebアプリケーションに

▲ページの先頭へ

機能・技術

aXesのコンポーネントは、すべて IBM iの中にあります。aXesのコンポーネントには、Webサーバーも含まれています。aXes独自のWebサーバーですので、IBM iのWAS(WebSphere Application Server) は必要としません。他のアプリケーションで WAS をご利用の場合、aXesと共存することも可能です。
また、クライアントには IBM i からJava等のプログラムがロードされるようなこともありません。

■ aXes W3 (HTTP Server)
クライアントのブラウザからのセッション接続要求を受け付けます。
■ aXes TS (Terminal Server)
クライアントのブラウザが、Internet Explorer の場合、端末セッションを提供します。
IBM i に仮想端末を生成し、ログイン後はジョブ管理を行います。
■ aXes TS2 (Terminal Server 2)
クライアントのブラウザが、Internet Explorer 以外(Chrome/FireFox/Safari)の場合、端末セッションを提供します。
IBM i に仮想端末を生成し、ログイン後はジョブ管理を行います。

aXes のコンポーネントは、すべて IBM i の中にあります

aXes の端末セッションは、すべて IBMi の提供する API を使用して実現しています。従って、端末セッションの確立時にデバイスIDが割り当てられ、セッション確立後の実行ジョブもすべて IBMi の OS 配下にあります。
つまり、従来型エミュレータと同じ要領で、デバイス及び、ジョブの実行管理を行うことができます。

▲ページの先頭へ

稼動環境

IBM i OS Ver.5.3以上

▲ページの先頭へ

価格

サーバーライセンス(IBM i ボックスライセンス) 78万円~(マシングループP05クラス)
  • 同時接続セッション数は無制限です。
  • マシングループ毎に価格が異なります。

同時接続セッション数単位のライセンスもございます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

▲ページの先頭へ

本サービスのお問い合わせはお近くの支店・営業所まで

【東京本社】03-5326-4331【名古屋支店】052-961-4331【大阪支店】06-6536-6641【九州支店】092-433-3511【熊本営業所】096-312-3301

フォームからのお問い合わせ

製品・サービス
取扱い機器
データセンターサービス
災害対策/バックアップ
運用サポート
セキュリティ
ネットワークサービス
仮想化
Web化/開発
開発 ソリューション
IBM i Web 化 ソリューション
アプリケーションサーバー
データ連携 ソリューション
業務/分析
仮想デスクトップ
Web会議/TV会議
グループウェア
レンタル
お問い合わせ

お問い合わせ(フォーム)

Page Top